メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

町村議、報酬引き上げは解決するか 高齢化・なり手確保対策で

議員報酬の大幅引き上げを決めた宮崎県の新富町議会=同町で2018年10月25日、塩月由香撮影

 町村議員のなり手不足を解消しようと、各地で議員報酬を引き上げる動きが出ている。しかし、候補者増につながらずに報酬引き上げ条例を撤廃した議会もあり、統一地方選を目前に試行錯誤が続いている。有識者は立候補要件見直しの必要性も指摘している。

 宮崎県の沿岸部ほぼ中央に位置する人口約1万6000人の新富町。町議会は初の無投票が危ぶまれた4年前を教訓に今年1月、町議報酬を7万2000円引き上げ月額28万3000円にする条例改正案を可決した。県内の町村議会では最高額で、全国の町村議会平均も約7万円上回る。

 4年前は立候補予定者説明会の当日まで出馬表明者が定数と同じ14人だった。最終的には15人が出て初の…

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文1024文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです