メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都構想を最大焦点に 維新・反維新が対決「大阪春の陣」 大阪知事選告示

大阪府知事選が告示され、有権者に支持を訴える小西禎一氏(右)と大阪市長選立候補予定者の柳本顕氏=大阪市北区で2019年3月21日午前10時23分、望月亮一撮影

 「大阪都構想」への再挑戦か、議論を終わらせるのか――。21日に大阪府知事選が告示され、大阪市を廃止・再編する都構想の是非を最大の焦点に、維新・反維新の両勢力が対決する「大阪春の陣」が始まった。元副知事の小西禎一(ただかず)氏(64)=自民推薦=と、地域政党「大阪維新の会」政調会長で前市長の吉村洋文(ひろふみ)氏(43)はそれぞれ街頭での第一声に、市長選の立候補予定者と並んでマイクを握った。

 「維新政治に府民がノーを突きつける選挙だ」。小西氏は午前10時50分、同市北区のJR大阪駅近くで自…

この記事は有料記事です。

残り1280文字(全文1527文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. はやぶさ2衝突実験解説(下)「軽業」カメラが世紀の瞬間を捉える
  4. はやぶさ2衝突実験解説(上)アクロバティックな運用 カギを握る二つの新機器
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです