メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

東口順昭選手、鮫島彩選手、丸山祐市選手らが交代で執筆。ピッチにかけるサッカーへの思いを語ります。

  • フェアプレーの原点、砂浜に=小川佳実

     今月12日から14日まで沖縄県で行われたJFA(日本サッカー協会)全日本ビーチサッカー大会を今年も観戦させてもらった。1チームGKを含めた5人、ピッチサイズ縦…

    (2018年10月23日 02:34)

  • 外国人枠拡大の副作用=柱谷幸一

     Jリーグが外国人選手枠の拡大を協議している。競技レベルのアップによるリーグの発展と、外国人選手との競争による日本人選手の育成に狙いがあるという。 現行は登録5…

    (2018年10月10日 02:56)

  • 復興支援できることから=森重真人

     今年7月の西日本豪雨で、地元の広島市は甚大な被害を受けた。両親が住むマンションは1階が浸水しエレベーターが使えなくなったくらいで済んだが、100メートル離れた…

    (2018年10月4日 03:15)

  • ユースの審判員に理解を=小川佳実

     2017年度に日本サッカー協会のサッカー審判として登録していただいているのは約27万人。そのうち18歳以下の「ユース年代」の審判員は2級16人、3級900人、…

    (2018年9月16日 02:55)

  • チェルシー 超攻撃的に=柱谷幸一

     欧州のサッカーシーズンが始まった。私が注目しているのはイングランド・プレミアリーグの強豪、チェルシーだ。 チェルシーは昨シーズン5位に終わって欧州チャンピオン…

    (2018年9月4日 02:46)

  • 30歳過ぎても進化=森重真人

     8月1日の鹿島戦で、J1通算300試合出場となった。私は今、プロ13年目の31歳。振り返ってみると、けがもあったし、J2降格を経験したりと順風満帆ではなかった…

    (2018年8月29日 02:50)

  • VAR ハンド判定に課題=小川佳実

     サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会はW杯で初めてビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が導入された。映像を見る補助審判が主審に助言するもので、決勝…

    (2018年8月15日 02:19)

  • 若返り代表強化への道=柱谷幸一

     サッカー男子日本代表監督に、森保一東京五輪代表監督が就任した。2年後に迫った五輪でのメダル獲得、4年後のワールドカップ(W杯)カタール大会でのベスト8以上を目…

    (2018年8月7日 03:52)

  • 新しい「景色」を見たい=森重真人

     ワールドカップ(W杯)ロシア大会は正直、見る気がしなかった。FC東京の練習が朝9時からだったこともあり、生中継で見ていると夜遅くなってしまうのでという理由もあ…

    (2018年7月31日 03:32)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  2. 2018年問題 変わる「非正規」のルール 4月と10月
  3. ORICON NEWS 博多華丸・大吉、芸歴28年で初ANN 念願成就に喜び「まさか現実になるなんて…」
  4. コスモス 秋の大地、染め上げて 500万本見ごろ 兵庫
  5. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです