メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

東口順昭選手、鮫島彩選手、丸山祐市選手らが交代で執筆。ピッチにかけるサッカーへの思いを語ります。

  • VAR ハンド判定に課題=小川佳実

     サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会はW杯で初めてビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が導入された。映像を見る補助審判が主審に助言するもので、決勝…

    (2018年8月15日 02:19)

  • 若返り代表強化への道=柱谷幸一

     サッカー男子日本代表監督に、森保一東京五輪代表監督が就任した。2年後に迫った五輪でのメダル獲得、4年後のワールドカップ(W杯)カタール大会でのベスト8以上を目…

    (2018年8月7日 03:52)

  • 新しい「景色」を見たい=森重真人

     ワールドカップ(W杯)ロシア大会は正直、見る気がしなかった。FC東京の練習が朝9時からだったこともあり、生中継で見ていると夜遅くなってしまうのでという理由もあ…

    (2018年7月31日 03:32)

  • 3バック、有効な選択肢=柱谷幸一

     ワールドカップ(W杯)ロシア大会に向け、日本代表が3バックに取り組んでいる。5月30日のガーナ戦では、最終ラインの中央に長谷部(アイントラハト・フランクフルト…

    (2018年6月5日 03:06)

  • 仲間と家族に救われ=森重真人

     サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会の国内壮行試合ガーナ戦の日本代表メンバー27人に入れなかった。本大会メンバーも基本はここから選ぶとされているので、落…

    (2018年5月30日 03:00)

  • 技術革新と向き合う=小川佳実

     現代サッカーの起源の一つと言われる英国において、その源流は戦争で奪った敵の首を蹴ったり、町と町の争いだったりと野蛮なものであった。やがて学校教育として取り入れ…

    (2018年5月15日 02:55)

  • 一丸になる時間ある=柱谷幸一

     サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会が近づいてきた。今月末には西野朗・新監督が選ぶ日本代表23人が発表される。本大会の初戦となるコロンビア戦までは約3週…

    (2018年5月8日 03:23)

  • 一味違う東京見せる=森重真人

     FC東京は今、チームの状態がいい。今季は開幕から公式戦4試合勝ち無しと最初で少しつまずいた。ただ、キャンプから練習試合も含めていい形で進められていたので、シー…

    (2018年5月1日 02:57)

  • 判定力向上へ支援必須=小川佳実

     判定ミスが起こることは誰も望んでいない。言い訳をするつもりはなく、ミスした審判員はみんな自覚して申し訳なさを感じているし、もちろん落ち込む。なぜ発生してしまっ…

    (2018年4月24日 02:14)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  3. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田
  4. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  5. 夏の高校野球 滞在費ピンチ 金足農OBが寄付金募集

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです