メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

東口順昭選手、鮫島彩選手、丸山祐市選手らが交代で執筆。ピッチにかけるサッカーへの思いを語ります。

  • 足りなかった共感=小川佳実

     2017年に来日した日本サッカー協会審判委員会のレイモンド・オリビエ副委員長はイングランドでプロ審判の指導者などを長年務めたベテランで、多くの助言を受けている…

    (2019年3月13日 02:46)

  • 戦術に合わせた新戦力=柱谷幸一

     J1リーグ戦で横浜マが好調な滑り出しを見せている。5点奪っての開幕2連勝。2年目のポステコグルー監督の下、チーム戦術に合った新戦力を加え、ハイライン(最終ライ…

    (2019年3月5日 03:01)

  • 若手の成長 チームに貢献=森重真人

     2019年のJリーグが始まった。FC東京は2月23日の開幕戦で川崎と0-0で引き分けた。リーグ2連覇中の川崎に対し、相手のホームで無失点で引き分け、勝ち点1を…

    (2019年3月2日 02:44)

  • 人を育てる必要性=小川佳実

     サッカー日本代表が準優勝した今回のアジア・カップでは判定の精度を高めるために、ゴール横に副審を置く「追加副審制」と、映像を判定補助に使う「ビデオ・アシスタント…

    (2019年2月13日 02:32)

  • 見えない 日本の戦い方=柱谷幸一

     森保監督就任後、初の公式戦となったアジア・カップの決勝で、日本はカタールに敗れた。日本が目標とするワールドカップ(W杯)でのベスト8進出に向けた戦い方は「まだ…

    (2019年2月5日 02:21)

  • 休む勇気も大事=森重真人

     今年も新しいシーズンを前にチーム作りが始まっている。大分でのプロ入りから14年目、FC東京で10年目となる。この1年はチームにどんな貢献ができるのか。そのため…

    (2019年1月30日 03:13)

  • 女性審判 支援の拡充必要=小川佳実

     6月からフランスで開かれるサッカー女子ワールドカップ(W杯)の審判団に、日本から山下良美主審、手代木直美、坊薗真琴、萩尾麻衣子の各副審が選出された。一つの国、…

    (2019年1月16日 02:46)

  • 資金活用、問われる力量=柱谷幸一

     あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 天皇杯全日本選手権が昨年12月中に浦和の優勝で終了したために元日恒例の決勝戦がなく、何となく物足…

    (2019年1月8日 03:15)

  • ハンドの解釈、議論進む=小川佳実

     サッカーの競技規則を定める国際サッカー評議会(IFAB)の第133回年次事務会議が先月22日、スコットランドのグラスゴーで開かれた。提案された重要事項は来年3…

    (2018年12月11日 02:41)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. ジャングルジム5歳焼死 運営者ら6人書類送検 業務上過失致死傷容疑
  3. プレミアム商品券「9月生まれまでの世帯対象に」 経済再生担当相
  4. 見つけた・この店 新潟 帽子屋マットメント 「最強のおしゃれアイテム」に特化 /新潟
  5. 敷きっぱなしの布団に雑魚寝 同じ皿を回し食事 結核発症の実習生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです