メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

東口順昭選手、鮫島彩選手、丸山祐市選手らが交代で執筆。ピッチにかけるサッカーへの思いを語ります。
  • ここからがスタート=森重真人

     今でも鮮明に覚えている。昨年7月2日、セレッソ大阪戦。昨シーズンの残りの戦いを断念せざるを得なくなった左足首の負傷のことだ。 ジャンプの踏み切りの足だった。体…

    (2018年2月23日 15:28)

  • どう戦う、18人の将=柱谷幸一

     Jリーグが23日に開幕する。優勝争いは川崎、鹿島、セ大阪が中心となるとみる。監督が代わらず、チーム作りに昨年からの継続性がある。加えて、アジア・チャンピオンズ…

    (2018年2月16日 15:09)

  • ルールは楽しむために=小川佳実

     日本サッカー協会審判委員会では毎年、Jリーグ開幕前にその年の判定基準となる「レフェリングスタンダード」を作り、各クラブなどを回って説明している。 ボールがゴー…

    (2018年2月9日 15:11)

  • 一年一年が勝負=鮫島彩

     サッカー選手という職業は特殊だ。選手は一年一年が勝負。毎年のように仕事の環境や条件が大きく変わることも当たり前の世界だ。移籍をするのか、残留するのか、引退する…

    (2018年1月26日 15:03)

  • 歓迎したい「移籍の活性化」=柱谷幸一

     イングランド・リバプールのブラジル代表MFコウチーニョが、スペインのバルセロナへ移籍する。移籍金は1億6000万ユーロ(約216億円)と伝えられている。シーズ…

    (2018年1月12日 15:09)

  • 戦う気持ち より強く=丸山祐市

     昨シーズンは悔しい1年だった。僕が2012年にFC東京に加入してから最も悪い13位。力不足を感じる結果となった。 照準を合わせていた2月の開幕戦はアウェーで鹿…

    (2018年1月5日 15:03)

  • 課題が見えたE-1選手権=鮫島彩

     日本女子代表として出場した東アジアE-1選手権は2勝1敗で2位に終わった。勝っても厳しい内容の試合があったり、事実上の決勝だった北朝鮮戦に勝てなかったりしたの…

    (2017年12月22日 15:03)

  • 経験、来季に生かす=東口順昭

     J110位でシーズンを終えた。夏ごろから簡単に勝ち点を失うようになり、下位チーム相手の取りこぼしも多かった。下位チームからしっかり勝ち点を取っていたら、最後ま…

    (2017年12月15日 15:02)

  • 選手へのリスペクト=霜田正浩

     2018年、J2レノファ山口で監督として指揮を執ることになった。ベルギーでの指導者生活は4カ月で終了となったが、とても貴重な時間だった。選手の成長を感じられた…

    (2017年12月8日 15:17)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 左とん平さん80歳=俳優 「時間ですよ」
  2. 梅田墓 大阪駅前に200人分の骨 江戸時代の墓地、初調査 うめきた再開発地区
  3. 本社世論調査 裁量労働制の対象拡大「反対」57%
  4. カキ回収 阿蘇海再生作戦 一緒にやろう 大学生、地元の人に参加募る 26日、昼食会も企画 /京都
  5. WEB CARTOP 短時間の仮眠でも要注意! 車中泊に潜む危険と注意すべきポイント5選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです