メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

  • 選手へのリスペクト=霜田正浩

     2018年、J2レノファ山口で監督として指揮を執ることになった。ベルギーでの指導者生活は4カ月で終了となったが、とても貴重な時間だった。選手の成長を感じられた…

    (2017年12月8日 15:17)

  • 一発勝負、チャンスをものに=柱谷幸一

     サッカーには四つの側面がある。(1)技術(2)戦術(3)メンタル(精神面)(4)フィジカル(身体能力)だ。 先月25日のアジア・チャンピオンズリーグ決勝第2戦…

    (2017年12月1日 15:21)

  • 平川と久保 純粋にすごい=丸山祐市

     FC東京では、11月から若い2人がプロ選手としてトップチームに加わった。高校2年生のMF平川怜選手(17)と1年生のMF久保建英選手(16)だ。僕の高校時代と…

    (2017年11月24日 15:07)

  • なでしこ完成度に危機感=鮫島彩

     10月22日にスイス代表との国際親善試合が長野Uスタジアムであった。昨春のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選以降、大きな大会がなく、女子日本代表への注目度が下…

    (2017年11月17日 15:04)

  • ハイチ戦、反省と収穫と=東口順昭

     10月10日のハイチとの国際親善試合で、日本代表として約1年7カ月ぶりにピッチに立った。「自分の良いプレーを出そう」とモチベーション高く臨めたが、結果は3失点…

    (2017年11月10日 15:04)

  • 語学力よりも思考力=霜田正浩

     ベルギーでの指導者生活も3カ月目に入り、手応えと葛藤を繰り返す日々ではあるが、若い選手たちの成長に充実した毎日を過ごせている。選手ともっとコミュニケーションを…

    (2017年10月27日 15:07)

  • 世界と戦える戦術を=柱谷幸一

     17歳のサッカーはまだ子どものそれだと思っていた。しかし、1999年にニュージーランドで開かれた17歳以下世界大会=現U17ワールドカップ(W杯)=を現地で見…

    (2017年10月20日 15:05)

  • 「最後の砦」を楽しむ=丸山祐市

     センターバックは、フィールドプレーヤーでは最後方の「最後の砦(とりで)」。ミスが失点に直結するポジションだ。プレッシャーも大きいのではと聞かれるが、僕はその怖…

    (2017年10月13日 15:21)

  • V逸でも集中切らさず=鮫島彩

     今季が始まる前に目標に掲げた、なでしこリーグ優勝は達成することができなかった。9月23日の日テレベレーザとの首位攻防戦も、相手の優勝を阻止したいというよりは、…

    (2017年10月6日 15:13)

  • 楽しみな欧州遠征=東口順昭

     8月に埼玉スタジアムであったオーストラリア戦で日本代表はワールドカップ(W杯)ロシア大会の出場権を獲得した。試合には出てはいないが、外から見ている時と違い、プ…

    (2017年9月29日 15:09)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SNS 性的画像「恋人なら共有」20代1割 注意喚起
  2. eye 春なのに、集落1人きり
  3. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  4. 兵庫・葬儀会社 男児解剖遺体 頭部にコンビニ袋
  5. 感謝状 郵便局員が詐欺防ぐ 「お菓子と書け」実はカード

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです