メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

  • 収穫得た4試合=鮫島彩

     今月1日から8日までポルトガルで開催されたアルガルベ・カップに、なでしこジャパン(女子日本代表)の一員として参加した。結果は2勝2敗の6位。世界の中での自分た…

    (2017年3月24日 15:10)

  • 新天地でのストライカー=柱谷幸一

     J1は第3節が終了した。神戸が唯一の3連勝で好スタートを切り、3連敗の大宮など、6チームがいまだに初勝利を挙げていない。 開幕に当たり、私が注目していたのは、…

    (2017年3月17日 15:08)

  • 一体感あふれる試合を=鮫島彩

     いよいよ30歳を迎えるシーズンが始まる。宮城・常盤木学園高からマリーゼ(当時なでしこリーグ)に入団した当時、20代後半で現役を引退する選手が多かった。自分もそ…

    (2017年2月24日 15:20)

  • 欧州、スピード別格=柱谷幸一

     1月下旬、イタリアでリーグ戦のセリエAを駆け足で見てきた。本田圭佑のいるACミランとナポリ、首位を走るユベントスとラツィオの2試合だ。 ナポリはACミランを2…

    (2017年2月17日 15:11)

  • 守ってリーグ優勝を=鮫島彩

     20日から24日まで、なでしこジャパンの合宿に参加した。シーズン終了以降、オフの間もランニングや筋トレを継続していたものの、体はまだまだピークの状態とはいえな…

    (2017年1月27日 15:18)

  • 「秋春制」移行で質向上を=柱谷幸一

     元日に吹田スタジアムで行われた天皇杯決勝は、好試合だった。 延長戦の末、鹿島が川崎を破ったのだが、両チームとも運動量が豊富で、攻守の切り替えが速い。めまぐるし…

    (2017年1月20日 15:14)

  • 結果を求め続ける=佐藤寿人

     昨年12月24日にあった天皇杯準々決勝で鹿島に敗れ、広島でのシーズンが終わってしまった。優勝カップを掲げたかっただけに、今は悔しい思いしかない。新たなシーズン…

    (2017年1月6日 15:25)

  • 北九州での4年、財産に=柱谷幸一

     北九州の監督を退任し、4年に及んだ九州での生活を終え、さいたま市に戻ってきた。 契約の最終年である今季を集大成と位置づけて戦ってきたが、結果は最下位の22位。…

    (2016年12月16日 15:13)

  • 発展に必要なもの=鮫島彩

     リオデジャネイロ五輪の出場を逃し、失意の中で迎えたシーズンが終わった。「もし日本が出場していたら……」。考えても分からないことだから、こればかりは比較しようが…

    (2016年12月9日 15:16)

  • 悩みぬいた名古屋行き=佐藤寿人

     名古屋へ移籍することを決めた。人生で一番というくらいに悩んで出した決断だった。好きな街で、好きなクラブで、好きなサッカーをするという願いを、自ら断たないといけ…

    (2016年11月25日 15:30)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行無罪 目撃証言でっちあげ、LINEで浮上
  2. 小池百合子都知事 TGC登場に会場どよめき 女性客ら大歓声
  3. ブルゾンちえみ TGCで成田凌&町田啓太を従え「With B」 3万人が熱狂
  4. 大相撲春場所 照ノ富士変化、1敗守る…観客から怒号
  5. 森友問題 「首相が火に油」松井氏が言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです