嗜好と文化「私のポリシー」

2018年1月8日

Vol.82 道尾秀介「やりたくないことはやらない」

 18歳から選挙権を持つようになった日本だが、成人はまだ20歳。「成人の日」には全国各地で大人への第一歩を祝う「成人式」が催される。19歳のときに最初の小説を執筆して、20歳のときには「作家として生きていく」という決意と覚悟を固めていたという道尾秀介さん(42)。大学卒業後もずっと書き続けて、30歳を前にして作家デビューを果たした。連続5回候補になった末に2011年、小学生の目を通して人間という生き物のもろさ、はかなさ、たくましさを描いた「月と蟹」で見事直木賞を受賞した。東京・浅草にある仕事部屋でのインタビューは、まず青春時代の回想からスタート。

続きを読む

過去のインタビュー

  • 第81回 今野敏さん「すべてハッピーエンド」
  • 第80回 貫井徳郎さん「一日のリズムを崩さない」
  • 第79回 北村薫さん「本に書き込みをしない」
  • 第78回 西上心太さん「ストライクを見逃さない」
  • 第77回 北方謙三さん「友達を裏切らない」
  • 第76回 薬丸岳さん「肩書、年齢で態度を変えない」
  • 第75回 楡周平さん「無駄を恐れてはいけない」
  • 第74回 佐々木譲さん「裏口に回るな、正面から入れ」
  • 第73回 大沢在昌さん「いつか来た道は通らない」
  • 第72回 石田衣良さん「自分の好きなことをする」
  • 第71回 逢坂剛さん「ひと様に迷惑をかけない」
  • 第70回 阿刀田高「恨まない、妬まない。」
 

「嗜好と文化」企画は、毎日新聞2012年創刊140年記念事業として、JTと日本推理作家協会協力のもと毎月1回掲載します。

  • JT
  • 日本推理作家協会