嗜好と文化「私のポリシー」

2017年5月1日

第74回 佐々木譲さん「裏口に回るな、正面から入れ」

 早寝早起き、小説執筆も1日に原稿用紙10枚分をきっちりと書き続ける。「非常に規則正しい生活を送っています」と自らが口にする日常生活を聞いていると、毎日決まった時刻に街を散歩するので、その姿を見た町の人が自宅の時計の針を合わせたという哲学者、カントのエピソードが浮かんでくる。一語一語丁寧に相手に伝えようとする声はささやきのようで、一字一字刻み込んで小説を作り上げる“石工"のような作業を繰り返してきた作家、佐々木譲さん(67)。作家デビューして40年近くになり、ベテランという冠がつけられる立場だが、「ここで安住したくない。チャレンジしたい」と新たな世界への旅立ちを誓った。そのエネルギー源は何だろう。

続きを読む

過去のインタビュー

  • 第73回 大沢在昌さん「いつか来た道は通らない」
  • 第72回 石田衣良さん「自分の好きなことをする」
  • 第71回 逢坂剛さん「ひと様に迷惑をかけない」
  • 第70回 阿刀田高「恨まない、妬まない。」
 

「嗜好と文化」企画は、毎日新聞2012年創刊140年記念事業として、JTと日本推理作家協会協力のもと毎月1回掲載します。

  • JT
  • 日本推理作家協会