嗜好と文化「私のポリシー」

2017年7月3日

第76回 薬丸岳さん「肩書、年齢で態度を変えない」

 「物語を創る仕事がしたい」という子どもの頃からの夢をかなえたのは、小説家デビューした35歳の時だった作家、薬丸岳さん(47)。少年によって妻を殺された男の、真相を執拗(しつよう)に追求する姿を描き、あっと驚く結末が見事なミステリー長編「天使のナイフ」は2005年、江戸川乱歩賞を受賞した。昨年は吉川英治文学新人賞、そして今年は日本推理作家協会賞と連続受賞して波に乗っている。

続きを読む

過去のインタビュー

  • 第75回 楡周平さん「無駄を恐れてはいけない」
  • 第74回 佐々木譲さん「裏口に回るな、正面から入れ」
  • 第73回 大沢在昌さん「いつか来た道は通らない」
  • 第72回 石田衣良さん「自分の好きなことをする」
  • 第71回 逢坂剛さん「ひと様に迷惑をかけない」
  • 第70回 阿刀田高「恨まない、妬まない。」
 

「嗜好と文化」企画は、毎日新聞2012年創刊140年記念事業として、JTと日本推理作家協会協力のもと毎月1回掲載します。

  • JT
  • 日本推理作家協会