オピニオン

「黄金世代」抱え箱根上位を狙う
世界と戦える「長距離日本」復活を
体育学部競技スポーツ学科
両角速 准教授
来年1月2日、3日に開かれる第93回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)。4年連続44回目の出場となる東海大学陸上競技部中・長距離ブロック駅伝チームは、昨年末の全国高校駅伝で活躍した有力選手が数多く入学し、上位入賞を狙う。10月の出雲駅伝は1年生の活躍などで3位を獲得する一方、11月の全日本大学駅伝は7位に沈み、課題も浮き彫りになった。チームを率いる両角速駅伝監督に箱根への意気込みや展望を語ってもらった。【聞き手 永井大介】

記事を読む

バックナンバー

東海大学まるっと受験生情報サイト 東海大学の地域連携 トコラボ 東海大のでかちゃれ 海外研究航海 東海大学新校舎誕生 東海スポーツ