オピニオン

健康長寿社会の実現に向けて
新設の健康学部で未来を創造できる人材を育成
健康学部設置準備委員会(Project Hope) 委員長
堀真奈美 教授
 世界で最も急激な少子高齢化が進む日本。団塊の世代が後期高齢者(75歳以上)になる2025年には医療と介護の供給体制が財政的に立ちいかなくなると予想されている。そうした中、2018年4月に健康学部が誕生する。今、注目されているのが「健康長寿社会」というキーワードだ。厚生労働省の「保健医療2035」を提言した策定懇談会メンバーで、学部創設にかかわっている教養学部人間環境学科の堀真奈美教授に、健康の意味と新学部の意義について聞いた。【聞き手・兵頭和行】

記事を読む

バックナンバー

東海大学まるっと受験生情報サイト 東海大学の地域連携 トコラボ 東海大のでかちゃれ 海外研究航海 東海大学新校舎誕生 東海スポーツ