高校野球:PL学園野球部内で暴力…春季大会を辞退

毎日新聞 2013年03月03日 20時35分(最終更新 03月03日 21時15分)

 高校野球の強豪で甲子園春夏通算7回の優勝を誇るPL学園高(大阪)硬式野球部が、部内暴力で春季大阪大会を辞退したことが3日、明らかになった。既に日本高校野球連盟に報告し、辞退は受理されている。

 野球部の河野有道監督によると、2月下旬に野球部寮内で、2年生部員が1年生部員に暴力を振るったという。当時、河野監督は出張中だった。けがなどはなかったが、事態を重く見た学校は同28日に大阪府高野連に不祥事を報告し、練習自粛と春季大会の出場辞退を申し入れた。処分については今後、日本高野連で審議される。

 河野監督は「決して許されない行為であり、指導不足を痛感している。公式戦辞退はチームの責任として当然の決断」と話した。同校は01年に部員の部内暴力で半年間の対外試合禁止処分を受けたことがある。【和田崇、新井隆一】

最新写真特集