メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外浅利慶太さん死去 劇団四季創立 戦後日本の演劇革新
新国立競技場

建設費5割超の827億円toto頼み

新国立競技場の整備財源

 近く新計画が決まる新国立競技場を巡り、建設費の5割超をスポーツ振興くじ(toto)に頼る枠組みが明らかになった。財源確保には売り上げの維持が課題となるが、専門家から「綱渡りの運用」との指摘も出る。

 政府と東京都は今月1日、建設費の負担割合について合意した。最大で1581億円となる分担対象経費について、半額の791億円を国が負担し、残りを4分の1(395億円)ずつ、都の負担とtotoの収益で賄うことになった。

 スポーツ庁によると、国負担791億円のうち、234億円は既に国から事業主体の日本スポーツ振興センタ…

この記事は有料記事です。

残り1232文字(全文1488文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  2. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  3. 宮内庁 週刊誌報道を否定 小室さん巡る皇后さま発言
  4. レゴランド 1日パスポート、東海在住者は35%引き
  5. セブン-イレブン 100円ビール発売中止

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]