メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水球

アジア選手権 男子、リオ五輪出場決定 日本代表2人が知事を表敬、抱負語る 「なんとしても8位入賞」 /岐阜

古田知事(手前)にリオデジャネイロ五輪出場を報告する水球日本代表の棚村(左)、志水両選手=県庁で

 来夏のリオデジャネイロ五輪出場を決めた水球の日本代表選手2人が25日、県庁に古田肇知事を訪ね、「(2020年の)東京五輪でのメダル獲得に向け、なんとしても8位入賞したい」と抱負を語った。

 訪れたのは、ゴールキーパーの棚村克行選手(26)と、主将でセンターフォワードの志水祐介選手(27)。2人は大垣市在住で「ぎふ瑞穂スポーツガーデン」で子どもに…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  2. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
  3. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  4. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  5. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです