メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪がつなぐ夢

1964−2020/4 ラグビー7人制女子、横尾千里選手(23) 手に入れた「自分のチーム」 /千葉

リオ五輪アジア予選の試合前、声を出してチームを盛り上げる横尾千里選手=東京・秩父宮ラグビー場で

磨いたタックルで貢献

 同点とされた苦しい場面での投入だった。ラグビー7人制女子のリオデジャネイロ五輪アジア予選、カザフスタン戦。勝てば五輪出場が決まる。「これ以上点を取られないために出るんだ」。日本代表「サクラセブンズ」の横尾千里選手(23)=ANA=は気合を入れ、東京・秩父宮ラグビー場のピッチに立った。持ち味のタックルで大きな相手に必死で組み付く。7分後、日本は決勝のトライ。「もっと試合に出たい」。はじけた笑顔に少し悔しさをにじませた。

 松戸市出身で、県内女子ラグビーの先頭を歩んできた。楕円(だえん)球に出会ったのは、小学1年。弟が通…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  2. 日産、ゴーン前会長に損害賠償請求へ
  3. ゴーン前会長 クルーザー「社長号」も私的流用から?
  4. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  5. 注目裁判・話題の会見 ゴーン事件追起訴 東京地検次席会見「反響は想定」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです