メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧公式エンブレム

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は19日、類似騒動による旧大会公式エンブレムの白紙撤回に伴い、約1億900万円の損失が確定したことを明らかにした。

     内訳は▽公式エンブレム発表会経費約6800万円▽商標調査、登録費用約3100万円▽応募、選考費用約900万円▽ポスターなど製作費用約100万円。発表会経費は当初、7000万円を上限に東京都が負担する協定を結んでいたが、白紙撤回後、組織委が負担することで合意していた。

     一方、東京都はポスターの製作費などで約850万円の損失が生じており、組織委と東京都の負担額を合計すると、旧エンブレムの白紙撤回で約1億1750万円が無駄になった。【芳賀竜也】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東京入管 腹痛男性への診療放置 20時間「容態観察」
    2. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
    3. 和歌山妻殺害 容疑で逮捕の夫、不倫相手との新生活望む
    4. ヒョウモンダコ 猛毒 「絶対に触らないで」 長崎・諫早
    5. 業過致死容疑 不妊検査で死亡 担当医ら3人を書類送検へ

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]