メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美女クライマー野口「魅力伝えたい」東京五輪追加種目へPR

 2020年東京五輪の追加種目候補となっているスポーツクライミングが、知名度アップに努める。スポーツクライミングを統括する日本山岳協会は26日、ボルダリングの日本一を決めるジャパンカップ(30、31日、埼玉・加須市民体育館)に向けて東京都内でキックオフ会見を開き、ボルダリング女子で14、15年と2年連続でW杯総合優勝を果たした野口啓代(あきよ、26=茨城県連盟)らが出席。競技の模様はテレビで生中継されることも決まり、追加種目決定に向けて懸命のアピールを続けていく。

     知名度アップに全力を尽くす。日本山岳協会は20年東京五輪でのスポーツクライミングの追加種目決定に向け、PR大作戦に出た。この日は同協会初のキックオフ会見を実施。八木原国明会長は「日本には世界のトップ選手がいるが認知されていない。東京五輪に向け、組織を整え選手強化していきたい」と話した。

     アピールの第1弾がテレビ放送だ。ジャパンカップはこれまで録画放送はあったが、今回は「スカイ・A sports+」「BSスカパー!」での無料生放送にこぎ着けた。日本協会の中川裕氏は「時間のコントロールができない競技なので中継は難しいが、生で見る緊張感を伝えたい」と狙いを話した。分かりやすい中継とするため「昨年までとは違うものにしなければならない」との方針も説明した。

     世界のトップも会見に駆けつけた。ボルダリング女子で14、15年のW杯総合優勝を含め、4度年間女王に輝く野口が参加。165センチ、49キロと線は細いが、約20キロの重りを背負って腕立て伏せや懸垂のトレーニングに励んでおり、柔軟性とパワーを備えている。茨城県にある実家は牧場を営んでおり、昨年からスポンサーに牛乳石鹸も加わり、現在11社と契約を結ぶ。今季の目標は「加須でのW杯(4月)、世界選手権(9月、パリ)に体調を合わせてタイトルを獲りにいきたい」。世界選手権制覇なら日本初の快挙となる。

     20年東京五輪の実施種目としては、ボルダリング、リード、スピードの3種目を組み合わせた複合が提案されている。そのため、今季は本職外のリードの日本選手権(3月、印西市松山下公園)にも出場予定。「陸上の短距離、中距離、長距離をするようなもの。練習も全部中途半端になるのでバランスが難しい」と話すが、過去にはリードのW杯でも2位に入っており自信はある。「クライミングの魅力を伝えたい」。美女クライマーが世界の技を魅せる。

     ▽スポーツクライミング 突起物が設置された人工の岩壁をよじ登る競技。制限時間内に最高到達点を争うのが「リード」、ロープを使わず数種類の壁に挑むのが「ボルダリング」、速さを競うのが「スピード」。20年東京五輪には、ボルダリング、リード、スピードの3種目の合計点で競う複合が提案されている。(スポニチ)

    校舎登りで話題の女子高生クライマー大場 東京五輪出場へ意欲

     スポーツクライミングで活躍する女子高生の大場美和(17)が名古屋市内でスポンサー契約締結の会見を開き、20年東京五輪へ「課題をクリアしていって、五輪で最高の状態に持っていきたい」と出場に意欲を示した。

     大場は昨年、インターネットプロバイダーのCMに出演し「校舎をよじ登る女子高生」として話題になった。「意外と学校の壁は登りやすいです」と笑う。この日は報道陣に実技を披露。昨年初めてW杯にも出場したホープは「私の登りを格好いいと思ってもらえるクライマーになりたい」と成長を誓った。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自動ブレーキ ベビーカーに装着 中学生の発明が特許
    2. 都知事選 自民、小池氏中心に調整…桜井氏の説得困難
    3. 米国 自動運転で初の死亡事故…テスラ、当局が機能調査
    4. くらしナビ・ライフスタイル 年々前倒し ランドセル商戦
    5. AKB48 こじはるプンプン!インタビュー呼ばれず 「なんで!?」

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]