メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本リードされて前半終了 韓国戦

【日本−韓国】前半、韓国に先制を許し、選手に声をかける遠藤(中央)=カタール・ドーハで2016年1月30日、山本晋撮影

 アジア王者をかけたサッカー男子のU23アジア選手権決勝で日本は韓国と対戦し、0−1とリードされたまま前半を終えた。

 日本は前半20分、ペナルティーエリア内で韓国のシュートが岩波の左足に当たってコースが変わり先制を許した。日本が先制されたのは今大会初。

 前半は韓国が優勢に試合を進めている。日本は流れを変えるための選手交代が後半のポイントとなりそうだ。

 日本は6大会連続10回目、韓国も8大会連続10回目の五輪出場を決めている。【デジタル編集部】

先発メンバー

GK:櫛引政敏(鹿島)▽DF:岩波拓也(神戸)、植田直通(鹿島)、山中亮輔(柏)、室屋成(明治大)▽MF:遠藤航(浦和)、大島僚太(川崎)、中島翔哉(FC東京)、矢島慎也(岡山)▽FW:久保裕也(ヤングボーイズ)、オナイウ阿道(千葉)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 被害届「不起訴相当」 詩織さんと山口氏のコメント全文
  2. 広島 タクシー運転手 カープのユニホーム姿で乗務
  3. 外国人売春強要 なぜなくならない? 伊香保温泉で相次ぐ
  4. 高校野球 広陵・中村 清宮に対抗心「むかつくというか、いいライバル」(スポニチ)
  5. 詩織さん被害届 準強姦容疑は「不起訴相当」 検察審査会

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]