メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

浅野が勝ち越し弾 3−2でリード

【日本−韓国】後半、浅野(右)が勝ち越しゴールを決める=カタール・ドーハで2016年1月30日、山本晋撮影

 アジア王者をかけたサッカー男子のU23アジア選手権決勝で、日本は後半に3点目を奪い3−2で逆転した。

 日本は後半36分、中島からのパスを受けた浅野拓磨(広島)がペナルティーエリア付近から左足を振り抜いてゴール右隅に決めた。韓国に2点をリードされた日本は後半22分に浅野が、同23分には矢島が立て続けにシュートを決めて同点に追いついていた。

 後半から原川力(川崎)がオナイウと、同15分には浅野が大島と、同30分に豊川雄太(岡山)が矢島に代わって出場した。

 日本は6大会連続10回目、韓国も8大会連続10回目の五輪出場を決めている。アジア出場枠は3で、残る1枠は3位決定戦でカタールに競り勝ったイラクが出場権を獲得した。

 16チームが出場するリオ五輪のサッカー男子は8月5日の開会式に先立ち、4日から行われる。【デジタル編集部】

先発メンバー

GK:櫛引政敏(鹿島)▽DF:岩波拓也(神戸)、植田直通(鹿島)、山中亮輔(柏)、室屋成(明治大)▽MF:遠藤航(浦和)、大島僚太(川崎)、中島翔哉(FC東京)、矢島慎也(岡山)▽FW:久保裕也(ヤングボーイズ)、オナイウ阿道(千葉)

関連記事

毎日新聞のアカウント

競技の結果

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]