メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

意見募集はがきでも 公式サイトに加え

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は9日、白紙撤回した公式エンブレムを選び直すエンブレム委員会(委員長=宮田亮平・東京芸大学長)を開き、最終審査前に行う国民からの意見の募集方法として、組織委の公式サイトに加えて、はがきでも受け付ける方針を決めた。

     インターネットを使える環境にない高齢者なども考慮し、より幅広い意見を最終審査に反映させるのが狙い。一般公募したエンブレムは最終候補の4件まで絞られ、現在は国内外で商標調査を進めている。

     また宮田委員長は、作品のデザインを、オリジナリティーを損なわない範囲で国際オリンピック委員会(IOC)などの規定に沿って微調整する可能性を示した。これまでは、デザインの修正は原則行わない考えを示していた。【新井隆一】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自動ブレーキ ベビーカーに装着 中学生の発明が特許
    2. 英EU離脱 公約「うそ」認める幹部 「投票後悔」の声も
    3. 英保守党 深まる混迷 同僚「戦場から逃げた」
    4. 米国 自動運転で初の死亡事故…テスラ、当局が機能調査
    5. 石巻3人殺傷 元少年「死刑執行まで死ぬ意味を探したい」

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]