メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

We・東京五輪・パラリンピック

途上国に運動用品と夢を 国際貢献、2社の取り組み /東京

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けた国際貢献事業「スポーツ・フォー・トゥモロー」(SFT)。今回はブランドコンサルティングやマーケティングを手がける「フォワード」(本社・東京都中央区)、バレーボールや体操などの器具を製造する「セノー」(本社・千葉県松戸市)の取り組みを紹介する。【新井隆一】

 2013年11月に設立されたフォワードは昨年、経営難に陥ったカンボジアのプロリーグ所属のサッカーチームを買収して、経営に乗り出した。チーム名も「カンボジアンタイガーFC」と一新。元Jリーガーの日本人選手もおり、強化を進めた結果、参入1年目の昨季はリーグ戦で12チーム中3位(プレーオフで4位)に入った。

 同社はチーム経営に伴い、カンボジアで子供1人にボール一つを贈るプロジェクトもスタートさせた。きっか…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  2. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  3. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」
  4. 埼玉・春日部共栄の野球部監督が暴力行為
  5. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです