メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野球・ソフト会場誘致、福島市が要望

 福島市の小林香市長が18日、東京都内で、遠藤利明・五輪担当相と面会し、2020年東京五輪での追加を提案されている野球・ソフトボールの会場誘致を要望した。東日本大震災からの「復興五輪」としての側面を強調し、後押しを求めた。

     小林市長は「震災からの復興に向けて全速力で取り組んでいるが風評被害も残っている。試合が開催されれば、全世界に復興を発信できる」と強調。プロ野球開催実績がある市内の県営あづま球場などを会場候補地とする要望書を手渡した。

     追加種目は大会組織委員会が5競技18種目を国際オリンピック委員会(IOC)に提案しており、8月のIOC総会で決まる。組織委は決定に備え、IOCと候補地を協議している。福島県内では郡山市と、いわき市も野球・ソフトボール会場の誘致に動いている。【藤野智成】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 厚労省 タレント女医は医業停止3年 30人を行政処分
    2. 長谷川豊アナ 「降板まで発展するとは夢にも思いませんでした」
    3. 余録 「母の手は赤子となりて介護士の豊かな胸をそっと触りぬ…
    4. タレント女医 初公判 9割以上がニセ患者、治療せず院長室でゲーム
    5. 質問なるほドリ 抗菌せっけん、米でなぜ禁止?=回答・下桐実雅子

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]