メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

期間中ドーピング検査は過去最大規模の見通し

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の赤間高雄・メディカルディレクターは24日、東京都内で取材に応じ、東京五輪期間中のドーピング(禁止薬物使用)検査件数が12年ロンドン五輪の5051件を上回る規模となる見通しを示した。検査件数は大会ごとに増加しており、東京五輪も過去最大規模となる見通しだ。

     赤間ディレクターは「直近の夏季五輪はロンドンで5000件だが、これを下回ることはまずない」と話した。国際オリンピック委員会(IOC)によると、夏季五輪期間中の検査数は00年シドニーが2359件、04年アテネが3667件、08年北京が4770件と増加してきた。今夏のリオデジャネイロ五輪も約5000件の検査を予定している。

     東京五輪期間中は24時間以内に検査結果を出すため、専用分析機関を設置する。赤間氏は検査担当者が海外から200人、国内から250〜300人の計500人近くになる見通しも示した。【新井隆一】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. テレビ大阪 長谷川アナ降板 ブログ内容「不適切」と判断
    2. 受動喫煙 国立がんセンター 異例の反論文
    3. 傷害致死 容疑で15歳逮捕 31歳知人蹴り死なす 大阪・柏原
    4. 東京・吉祥寺 私立保育園が開園断念 近隣住民反対で
    5. 日本ハム 新千歳空港にファン200人が出迎え

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]