メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新国立競技場

JSC、聖火台も「失点」 検討初会合

近年の夏季五輪の聖火台設置場所

 2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場の聖火台の設置場所を検討するためのワーキングチーム(WT)の初会合が11日、東京都内で行われ、19年11月の完成予定や総工費1490億円を超えないことを確認した。急浮上した聖火台を巡るドタバタは、旧整備計画では見積もりの甘さで総工費の高騰を招いた事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)に再び失点がついた。【田原和宏、山本浩資】

この記事は有料記事です。

残り1793文字(全文1990文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  3. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁
  4. 桜田五輪担当相「震災時に東北道動いていた」発言を撤回 参院予算委
  5. 風知草 バイカル湖に寄せて=山田孝男

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです