メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アントラージュ・支える人々

リオ五輪 第6部 大学のチカラ/1 個性を見極め指導 アーチェリー 近大・山田監督

練習する部員にアドバイスする近大の山田監督(左)=三浦博之撮影

 アーチェリー男子の古川高晴(31)=近大職=は、恩師の一言を鮮明に記憶している。個人で銀メダルを獲得した2012年ロンドン五輪の表彰式後、日本にいた近大の山田秀明監督(65)に国際電話を入れた。近大にとって、初のアーチェリー個人でのメダル。古川は褒め言葉を期待していた。だが、待っていたのは痛烈な説教だった。「お前、決勝は今までの集中力と違っただろ」

 「うわっ、きっつう(きつい)と思った」と苦笑いの古川。「当たって砕けろ」と開き直った心境を見透かさ…

この記事は有料記事です。

残り932文字(全文1158文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 「ゲッベルスと私」 全体主義描いた映画、続々公開 同じ過ちを犯さぬために
  2. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  3. 介護 職員へのセクハラや暴力が深刻 上司に訴えても「あんたが悪い」
  4. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に
  5. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]