メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アントラージュ・支える人々

リオ五輪 第6部 大学のチカラ/2 韓流直伝、土台作り アーチェリー 近大・金コーチ

近大で部員を指導する金清泰コーチ(奥)=奈良県生駒市で2015年12月18日、三浦博之撮影

 アーチェリー女子の川中香緒里(24)=ミキハウス=は近大1年だった2010年のある日、韓国出身の金清泰(キム・チョンテ)コーチ(35)に尋ねた。「五輪に出るにはどうしたらいいですか?」。2人はこの年、ともに近大入り。鳥取・米子南高時代から頭角を現した川中は、2年後の12年ロンドン五輪出場を目標としていた。そのホープに、00年シドニー五輪男子団体金メダリストは日本語で答えた。「今の練習量だと少なすぎる。1日500本ぐらい撃ったら出られるよ」。穏やかな口調だったが、要求するレベルは高かった。

 川中はそれ以降、金コーチの教えを忠実に守った。それまでは1日100〜300本の練習だったが、夕方の…

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1128文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  3. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. ORICON NEWS ZOZO前澤社長「お騒がせ」な一年に平謝り 剛力彩芽と交際、月周回計画など

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです