メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

切り開く

障害者スポーツの現場から/上 アーチェリー 光野裕也選手=県立高志館高1年 /佐賀

光野裕也選手

「パラ」でなく「五輪」射る

 「2020年を目指しています」と目標を語る。「パラリンピックですか」との問いには「それもありますが」と前置きして、力を込めて答えた。「オリンピックを狙いたい。アーチェリーは一般と障害者の差が出にくいスポーツの一つ。技術さえあれば障害の有無に関わらず極めることができるから」

 生後間もなく脳性まひと診断された。下肢に障害があり、現在もつえを使って歩く。股関節を広げるため、これまで2度手術した。競技の際には車いすを使用する。

 アーチェリーに出会ったのは小学2年の時。07年の佐賀総体で県立高志館高が女子団体優勝を達成した試合…

この記事は有料記事です。

残り844文字(全文1119文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  3. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  4. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  5. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです