メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

We・東京五輪・パラリンピック

組織委員会ってナンだ?/3 多くの声集め3ビジョン 史上最も革新的な大会に /東京

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会を解き明かすこの企画。皆さんは大会のビジョンをご存じだろうか。「全員が自己ベスト」「多様性と調和」「未来への継承」。この三つを基本コンセプトに「史上最もイノベーティブ(革新的)で世界にポジティブ(積極的)な改革をもたらす大会にする」という。【山本浩資】

 組織委発足から2年。その仕事で特に注目されたのは、競技会場の見直しである。招致段階の開催計画「立候補ファイル」から、新たな恒久施設や仮設会場の整備をやめ、既存施設に会場を移した。全28競技中11競技で見直し、約1800億円の経費削減につながったという。

 その中心にいた会場整備局長の福島七郎さん(66)は東京都の元技監で、1964年五輪時は中学3年生だ…

この記事は有料記事です。

残り1345文字(全文1671文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  2. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  3. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  4. カルビー 加熱すると…ポテチ出火 販売中止
  5. 駅弁「かにめし」車内販売終了へ 鉄道ファンから惜しむ声

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです