メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

7人制ラグビー

男子 リオ五輪まで4カ月 副島亀里ララボウラティアナラ選手「桜のジャージー」誓う /佐賀

結婚を機に佐賀市へ 「ただ勝ちたい」 副島亀里ララボウラティアナラ選手(フィジー出身)

 夏のリオデジャネイロ五輪が4カ月後に迫った。男子7人制ラグビーの日本代表候補、副島亀里ララボウラティアナラ選手(32)=佐賀市=も代表を目指し、アピールを続けている。2年前、突如現れた“セブンズの新星”は周囲の注目をよそに、「ラグビーをやる限り、トップを目指すだけだ」と、淡々と語る。【生野貴紀】

 南太平洋に浮かぶ島国「フィジー」。「時計が無い国」ともいわれるのどかな国の更に山深い村落で、5人き…

この記事は有料記事です。

残り975文字(全文1217文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で
  3. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  4. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです