メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京酒蔵大学プロジェクト

江戸切子と日本酒タッグ 東京の特産品ファン増やせ 企画スタート /東京

小山酒造の小山久里さん(左)と江戸切子の店華硝の熊倉千砂都さん

ぐい飲み作り、飲み比べ/ラベルデザイン公募

 江戸の器で江戸のお酒を楽しむ−−。2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、都内の伝統工芸「江戸切子」の工房と酒蔵がタッグを組み、特産品のファンを増やすことを狙った情報発信事業「東京酒蔵大学プロジェクト」を4月に始める。【鈴木敦子】

 企画したのは、亀戸天神の近くで3代続く「江戸切子の店華硝(はなしょう)」(江東区)の熊倉千砂都さん(40)と、創業138年になる東京23区内唯一の造り酒屋、小山酒造(北区)の小山久理(くり)さん(37)=同左。熊倉さんは創業者の孫で、小山さんは現社長の妻。家業に入るまでそれぞれ教師、会社員を経験し、「東京の隠れた魅力をもっと発信したい」と感じて…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文787文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友 籠池と妻諄子の両被告が保釈 夜に記者会見の予定
  2. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見
  3. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  4. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  5. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]