メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪

神宮借用80日に短縮 野球4団体は大筋了承

かつての国立競技場(一番上、現在は解体)の跡に新国立競技場が建設され、間近にある(上から2番目から順に)神宮第2球場、神宮球場、秩父宮ラグビー場は大会の関連施設として使用される=2010年11月、本社ヘリから岩下幸一郎撮影

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は13日、大会の準備、運営に向けた神宮球場(東京都新宿区)の借用に関する会合で、管理者の明治神宮外苑と、同球場を拠点にする野球4団体に対し、借用期間を20年7月1日から9月20日ごろの約80日とし、来賓の応対の場として使用する案を提示した。

 提示を受けたプロ野球ヤクルトと東京六大学、東都大学、東京都高校の各野球連盟の4団体は、7カ月間の借用を見込んだ当初案より大幅に短縮されたことから大筋で了承した。【藤野智成、中村有花、長田舞子、神保忠弘】

 ヤクルトの衣笠剛球団社長は「こちらのお願いは最大限に聞いていただいた」と謝意を示し、内藤雅之・日本…

この記事は有料記事です。

残り1742文字(全文2037文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  4. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  5. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです