メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アントラージュ・支える人々

リオ五輪 第11部 勝ちは細部に宿る/5止 美と自信 メークで

新体操日本代表の選手たちにメーク指導をする元選手でロンドン五輪にも出場した美容コーチの田中琴乃さん(左)=宮間俊樹撮影

 技の美しさと芸術性を競い合う新体操では、衣装やメークも大切な表現方法となる。一体感が求められる団体では、それぞれの顔の個性をあえて消して選手5人が「五つ子」に見えるようにする。そして、15メートル離れた場所にいる審判員から最も美しく見えるようにする。化粧品会社のポーラは2007年から新体操の日本代表の美容をサポートするオフィシャルパートナー契約を結び、美を引き出してきた。代表の愛称「フェアリージャパンPOLA」にも自社の名前を冠している。

 ポーラは社員6人を美容コーチとして任命。その一人が12年ロンドン五輪の団体で主将だった田中琴乃さん…

この記事は有料記事です。

残り833文字(全文1105文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです