メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リオへの軌跡

第2部 クレー射撃女子スキート・石原奈央子選手/上 /栃木

「私も奈央子もこの射撃場で、(手に持っている)クレーを数え切れないほど撃ち抜いてきましたよ」と思い出を語る父敬士さん=鹿沼市草久の古峰ケ原射撃場で

父らの夢、胸に秘め 親子のフォームうりふたつ

 セピア色の写真の中でライフルを構える男性は、かつて「最もついてない男」と評された。クレー射撃で2度も五輪代表になりながら、政治の圧力などで出場できなかった「幻の五輪選手」。その娘が今夏、リオデジャネイロ五輪の舞台に立つ。クレー射撃女子スキート代表の石原奈央子選手(41)=鹿沼市=は、親子2代の夢を追いかけてきた。

 父敬士さん(73)は五輪代表となった1968年メキシコ大会では競技団体の不祥事で出場できず、80年…

この記事は有料記事です。

残り1427文字(全文1657文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです