メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リオ五輪

応援、地元も熱気 「熊谷出身、胸張って」 競泳リレー・古賀淳也選手が市長訪問 /埼玉

富岡清市長(右)から熊谷市のマスコットキャラクター「ニャオざね」のぬいぐるみをプレゼントされた古賀淳也選手=熊谷市役所で

 リオデジャネイロ五輪の競泳競技で男子400メートルリレーに日本代表として出場する古賀淳也選手(28)=第一三共=が27日、熊谷市の富岡清市長を表敬訪問し、活躍を誓った。

 同市出身の古賀選手の専門は背泳ぎで、2009年の世界選手権の100メートル背泳ぎで金メダルを取った実力者。北京、ロンドンと五輪出場はなく、3度目の挑戦となった今年4月の代表選考会は100メートル背泳ぎで3位に終わり出場権を逃した。だが、その後の100メートル自由形で4位に入り、リレーで初の五輪出場を決めた。

 現在は米国ミシガン州を拠点に練習する古賀選手。「キャリアの中で出たことのない国際大会がオリンピック…

この記事は有料記事です。

残り678文字(全文968文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  2. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  3. 宮内庁 週刊誌報道を否定 小室さん巡る皇后さま発言
  4. レゴランド 1日パスポート、東海在住者は35%引き
  5. セブン-イレブン 100円ビール発売中止

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]