メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リオ五輪

応援、地元も熱気 「熊谷出身、胸張って」 競泳リレー・古賀淳也選手が市長訪問 /埼玉

富岡清市長(右)から熊谷市のマスコットキャラクター「ニャオざね」のぬいぐるみをプレゼントされた古賀淳也選手=熊谷市役所で

 リオデジャネイロ五輪の競泳競技で男子400メートルリレーに日本代表として出場する古賀淳也選手(28)=第一三共=が27日、熊谷市の富岡清市長を表敬訪問し、活躍を誓った。

 同市出身の古賀選手の専門は背泳ぎで、2009年の世界選手権の100メートル背泳ぎで金メダルを取った実力者。北京、ロンドンと五輪出場はなく、3度目の挑戦となった今年4月の代表選考会は100メートル背泳ぎで3位に終わり出場権を逃した。だが、その後の100メートル自由形で4位に入り、リレーで初の五輪出場を決めた。

 現在は米国ミシガン州を拠点に練習する古賀選手。「キャリアの中で出たことのない国際大会がオリンピック…

この記事は有料記事です。

残り678文字(全文968文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  2. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  3. 不適切投稿 裁判官懲戒、やむを得ず
  4. 分限裁判 ツイッター投稿裁判官「表現の自由侵害」と反論
  5. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです