メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リオ五輪

ラグビー メダルこだわる 鹿児島出身「ミスター・セブンズ」桑水流

 <RIO2016>

 リオデジャネイロ五輪で初採用された男子ラグビー7人制の日本代表は、鹿児島市出身の桑水流(くわずる)裕策(30)=コカ・コーラ=が、主将としてけん引する。10年以上にわたって桜のエンブレムを付ける「ミスター・セブンズ」は「メダルを取って帰ってきたい」と意気込む。

 サッカー少年だった桑水流は、鹿児島工高で15人制のラグビーを始めた。当時の監督、原豪さん(69)は「1年生の時から果敢にタックルし、体を張ることに物おじしなかった」と振り返る。3年時にフォワードとして全国高校ラグビーフットボール大会(花園)に出場したが、2回戦敗退。高校時代は無名のままだったが、九州で1、2を争うラグビー部が…

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文763文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問なるほドリ リュウグウ、どんな小惑星? 炭素多く含む 「はやぶさ2」有機物採取へ=回答・池田知広
  2. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  3. 高層ビルで「湯ったり」 若い女性をメインターゲット
  4. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  5. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです