メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男子大野が一本勝ちで金メダル 女子松本は銅

【柔道】男子73キロ級決勝、ルスタム・オルジョイ(左)から一本を奪う大野将平=リオデジャネイロのカリオカアリーナで2016年8月8日、梅村直承撮影

 リオデジャネイロ五輪は第4日の8日、柔道男子73キロ級決勝で、大野将平(旭化成)がルスタム・オルジョイ(アゼルバイジャン)に一本勝ちして、今大会の日本柔道勢で初の金メダルを獲得した。柔道男子の五輪での金メダルは、2008年の北京大会66キロ級の内柴正人、100キロ超級の石井慧以来2大会ぶり。

 女子57キロ級で12年ロンドン大会金メダリストの松本薫(ベネシード)は準決勝で敗れたものの、3位決定戦で連珍羚(台湾)に優勢勝ちして銅メダルをものにした。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 筑波サーキット レース中に事故、男性死亡 茨城
  2. 平塚市教委 授業中校外で事故死、第三者委 「考え甘かった」 /神奈川
  3. 自民党 石破派、産経記事配布に抗議
  4. もう二度と 相模原殺傷事件1年 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否 「会って抱っこしたい」
  5. 前理財局長 「ゼロ回答」で栄転 禍根残す人事?

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]