メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪柔道

男子大野が一本勝ちで金メダル 女子松本は銅

【柔道】男子73キロ級決勝、ルスタム・オルジョイ(左)から一本を奪う大野将平=リオデジャネイロのカリオカアリーナで2016年8月8日、梅村直承撮影

 リオデジャネイロ五輪は第4日の8日、柔道男子73キロ級決勝で、大野将平(旭化成)がルスタム・オルジョイ(アゼルバイジャン)に一本勝ちして、今大会の日本柔道勢で初の金メダルを獲得した。柔道男子の五輪での金メダルは、2008年の北京大会66キロ級の内柴正人、100キロ超級の石井慧以来2大会ぶり。

 女子57キロ級で12年ロンドン大会金メダリストの松本薫(ベネシード)は準決勝で敗れたものの、3位決定戦で連珍羚(台湾)に優勢勝ちして銅メダルをものにした。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卑わいな言動容疑 「5年前から盗撮やのぞきを300回」
  2. 千葉の路上 男性、背中刺される 通り魔か 容疑者は逃走
  3. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/4 「少し変な話」は大事なサイン
  4. 障害者施設 元職員の女性「虐待告発したら報復でうつ病」
  5. 仮想通貨 流出ネム580億円、資金洗浄完了か 専門家

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]