メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男子大野が一本勝ちで金メダル 女子松本は銅

【柔道】男子73キロ級決勝、ルスタム・オルジョイ(左)から一本を奪う大野将平=リオデジャネイロのカリオカアリーナで2016年8月8日、梅村直承撮影

 リオデジャネイロ五輪は第4日の8日、柔道男子73キロ級決勝で、大野将平(旭化成)がルスタム・オルジョイ(アゼルバイジャン)に一本勝ちして、今大会の日本柔道勢で初の金メダルを獲得した。柔道男子の五輪での金メダルは、2008年の北京大会66キロ級の内柴正人、100キロ超級の石井慧以来2大会ぶり。

 女子57キロ級で12年ロンドン大会金メダリストの松本薫(ベネシード)は準決勝で敗れたものの、3位決定戦で連珍羚(台湾)に優勢勝ちして銅メダルをものにした。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 恐喝未遂 男3人を逮捕 仁科亜季子さんを脅す
  2. 高速バス 東北道で運転手が意識失い急死 乗客が止める 
  3. 崎陽軒 2種の限定弁当販売 きょう、あす /神奈川
  4. ORICON NEWS “偏差値32”のロンブー淳が青学受験に挑戦 100日間「全力で勉強」
  5. 衝突 脱輪の乗用車と列車、乗客らにけがなし 愛知の踏切

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]