メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Features:戦火逃れ「共栄」の道 柔道 ポポル・ミセンガ(24)、ヨランデ・ブカサ(28)

記者会見をする難民五輪選手団のミセンガ(右)とブカサ。「難民の希望になりたい」。ミセンガは故郷の兄弟を思い、涙を流した=リオデジャネイロで2016年7月30日、梅村直承撮影

Features

戦火逃れ「共栄」の道 柔道 ポポル・ミセンガ(24)、ヨランデ・ブカサ(28)

 <Features・リオ きょうの主役>

難民代表、リオで転生

 戦火に見舞われた故郷へ思いをはせながら、リオデジャネイロ五輪に挑む2人の難民柔道家がいる。内戦が続くコンゴ民主共和国(旧ザイール)を離れ、リオデジャネイロ市で暮らす男子90キロ級のポポル・ミセンガ(24)と女子70キロ級のヨランデ・ブカサ(28)。国際オリンピック委員会(IOC)が初めて結成した10人の難民五輪選手団のメンバーだ。「世界中の難民の希望になりたい」。熱い思いを胸に10日(日本時間同)、2人は畳に立つ。

 五輪開幕を5日後に控えた先月31日、2人は世界各国のメディアを前に記者会見に臨んだ。家族へのメッセ…

この記事は有料記事です。

残り1698文字(全文1989文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン