メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リオ五輪 女性ボランティア公開求婚 ラグビー女子選手に

 【リオデジャネイロ朴鐘珠】リオデジャネイロ五輪で8日、デオドロ競技場であったラグビー女子7人制の表彰式直後、競技場ボランティアの女性が観衆が見守る中で同競技のブラジル代表選手にマイクを使い求婚した。

 現地報道によると、マルジョリエ・エンヤさん(28)が、2年間交際してきたイザドラ・セルロ選手(25)に求婚した。ブラジルでは同性婚が権利として認められており、セルロさんが承諾して口づけを交わすと、観衆らが拍手で祝福した。

 ブラジルは出場12チーム中9位だったが、エンヤさんの思い切った“トライ”により、選手たちは笑顔で大会を終えた。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児 自宅2階から飛び降り自殺か 埼玉・鶴ケ島
  2. ショートメール 「毎秒2トン」の命の水 /静岡
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. ことば 最終処分場
  5. 日馬富士暴行 任意聴取で認める 診断医師は重傷否定

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]