メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「先輩最高!」桑水流主将の母校も歓喜

ニュージーランド戦の勝利を喜ぶ鹿児島工業高ラグビー部の選手たち=鹿児島県さつま町の北薩広域公園で2016年8月10日午前0時51分、田中韻撮影

 リオデジャネイロ五輪男子ラグビー7人制で、日本が初戦で優勝候補のニュージーランドに挙げた歴史的な初勝利に対し、主将としてチームをけん引する桑水流(くわずる)裕策(30)の二つの母校の関係者から歓喜の声が上がった。

 10日未明、鹿児島工高ラグビー部43人は鹿児島県さつま町の合宿先でメガホンを手にテレビ観戦し、強豪相手の大勝利に「先輩最高!」と沸いた。窪園壮吾監督(44)は高校3年時の桑水流を鹿児島県選抜で指導。「当時から我慢強いプレーが光っていた。すばらしい勝利」と喜んだ。前原豊礼(とらい)主将(3年)は先輩たちの雄姿に「自分たちも追いつきたい」と感激しきりだった。

 自宅で同日未明にテレビ観戦した福岡大(福岡市)のラグビー部の村上純部長(61)は監督時代に桑水流を指導。教え子の快挙を、「主将として勝利への執念が見えた。あのニュージーランドに勝ったことは、南アフリカに勝った昨年のW杯に続く大金星で、日本ラグビー界にとって画期的だ」と喜んだ。【田中韻、尾垣和幸】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降り 女子高生2人自殺か パチンコ店屋上から
  2. ゾウガメ 15日ぶりに保護 父子で捜索、近くの山中で
  3. ゾウガメ 脱走 55キロ、おとなしいが… 岡山の動物園
  4. 児童扶養手当 2カ月ごと支給へ 年3回を見直す方針
  5. 覚醒剤 埼玉の中学教諭を所持容疑で逮捕 警視庁

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]