メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪テニス

錦織がナダル降し銅 メダルは96年ぶり

【テニス】男子シングルス3位決定戦第3セット、ラファエル・ナダルを破り日の丸を掲げ万感の表情の錦織圭=リオデジャネイロの五輪テニスセンターで2016年8月14日、梅村直承撮影
男子シングルス3位決定戦第2セット、ラファエル・ナダルと打ち合う錦織圭=リオデジャネイロの五輪テニスセンターで2016年8月14日、梅村直承撮影

 リオデジャネイロ五輪第10日の14日、テニス男子シングルス3位決定戦で、第4シードの錦織圭(日清食品)が、第3シードのナダル(スペイン)に6−2、6−7、6−3で勝ち、銅メダルを獲得した。

 日本勢のメダルは、1920年のアントワープ五輪での熊谷一弥が男子シングルスで、熊谷と柏尾誠一郎組がダブルスでともに銀メダルを獲得して以来96年ぶり。錦織は2012年ロンドン五輪で、男子シングルスで88年ぶりとなる8強入りし、今回は前大会を上回る結果を残した。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 衆院内閣委 片山さつき氏、看板の条例違反認める

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです