メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Features:コート跳ねる両輪 交流14年、決意の最終章 女子バレー・木村沙織、荒木絵里香

同じコートに立ちボールを追う木村(左)と荒木。バレーへの強い思いが2人を結びつける=リオデジャネイロのマラカナンジーニョで2016年8月8日、三浦博之撮影

Features

コート跳ねる両輪 交流14年、決意の最終章 女子バレー・木村沙織、荒木絵里香

 <Features・リオ きょうの主役>

木村沙織(29)、荒木絵里香(32)

 高校、実業団、そして代表。バレーボール女子日本代表の主将・木村沙織(29)=東レ=と、前主将の荒木絵里香(32)=トヨタ車体=は長年、ともにプレーしてきた盟友だ。リオデジャネイロ五輪で目指すのは、2012年ロンドン五輪の銅より輝く色のメダル。16日午後2時(日本時間17日午前2時)から準々決勝の米国戦に臨む。

 昨夏に国内各地で開かれたワールドカップ。不調の木村は、強豪との試合の競った場面になると、たびたびベ…

この記事は有料記事です。

残り1843文字(全文2088文字)