メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

登坂、金メダル獲得 女子48キロ

【レスリング】女子フリースタイル48キロ級決勝、アゼルバイジャンのマリア・スタドニクを破り、金メダルを獲得して喜ぶ登坂絵莉=リオデジャネイロのカリオカアリーナで2016年8月17日、小川昌宏撮影

 リオデジャネイロ五輪第13日の17日、レスリング女子フリースタイル48キロ級の決勝が行われ、登坂絵莉(22)=東新住建=がマリア・スタドニク(アゼルバイジャン)に終了間際の逆転で3−2で勝利し、金メダルを獲得した。

 登坂は初戦を6−0で勝利すると、準々決勝では米国選手に一時リードを許したものの、最後は11−2で完勝。2月のアジア選手権で敗れた孫亜楠(中国)との準決勝にも逆転勝ちしていた。

 初の五輪出場となり、大会前に「空気にのまれないように、強い気持ちで何が何でも金メダルを取りたい」と意気込みを語っていた登坂。その言葉通り金メダルを獲得した。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 豊田衆院議員 暴言「高速逆走が原因」会見で自民・細田氏
  2. ネット音声公開 豊田議員?「私の心をたたいている…」
  3. 麻生財務相 離党届の豊田氏「あれ女性です」 派閥会合で
  4. 自民 「死ねば…」の暴言も 豊田真由子衆院議員が離党届
  5. 自民 「気持ちは分かる」河村氏が豊田氏擁護、後に訂正

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]