メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪レスリング

金の登坂「神業シナリオ」と栄監督も驚く

女子フリースタイル48キロ級決勝に勝ち、栄和人チームリーダーと抱き合って喜ぶ登坂絵莉=リオデジャネイロのカリオカアリーナで2016年8月17日、小川昌宏撮影

 リオデジャネイロ五輪第13日の17日、レスリング女子48キロ級決勝で、残り3秒での逆転を収めた興奮そのままに表彰台の中央に立ちながら、登坂は「夢みたいだなあ」と歓喜に浸っていた。その顔には粒の汗と涙が入り交じった。敗れた隣のスタドニクは視線を上げられない。表彰台を降りるとすぐ銀メダルを首から外し、後ろ手に持った。ライバルの顔ににじむ悔しさが劇的な勝利を物語っていた。

 若き戦略家である。昨年の世界選手権決勝でも同じくスタドニクにリードを許し、残り10秒を切って逆転の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア
  3. 安定感増したチェン、2連覇 羽生演技にも動ぜず 世界フィギュア
  4. 宇野、覚悟のフリーも170点台 不完全燃焼
  5. 「跳ぶ使命感」 勝負師・羽生、思い込めた4分間 世界フィギュア

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです