メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪卓球

エース水谷 「王国」中国を揺るがした

【日本−中国】決勝、第2試合で中国の許キンを破った水谷隼=リオデジャネイロのリオ中央体育館で2016年8月17日、梅村直承撮影

 リオデジャネイロ五輪第13日の17日、卓球男子団体は、決勝に初めて進出した水谷隼(じゅん)(27)=ビーコン・ラボ、丹羽孝希(21)=明大、吉村真晴(まはる)(23)=名古屋ダイハツ=の日本が中国に敗れ、銀メダル。優勝は逃したが、この種目で初めて表彰台に立った。

 やはり卓球王国の壁は厚かったが、中国の隣で表彰台に立つ3人の表情は晴れやかだった。牙城の足元を揺るがせることができたからだ。エースの水谷は「五輪という最高の舞台で今までの借りを返すことができた」と振り返った。

 日本は第1試合で21歳の丹羽が、今大会のシングルス覇者の馬龍にストレート負け。巻き返しを図って登場…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです