メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪シンクロ

日本が3大会ぶりの銅 ロシアが5連覇

シンクロ フリールーティンを終え、採点結果を確認して喜ぶ日本チーム=2016年8月19日、小川昌宏撮影
【シンクロナイズドスイミング】チーム・フリールーティン、日本の演技=リオデジャネイロのマリア・アンク水泳センターで2016年8月19日、梅村直承撮影

 リオデジャネイロ五輪第15日の19日、シンクロナイズドスイミングは、8人によるチームのフリールーティン(FR)決勝があり、日本(乾、三井、箱山、丸茂、中村、中牧、小俣、吉田)は95.4333点で、テクニカルルーティン(TR)との合計189.2056点で3位に入り、2004年アテネ五輪以来3大会ぶりの表彰台を決めた。

 FRのテーマは「天照大神(あまてらすおおみかみ)」。井村雅代ヘッドコーチによると、繁栄の幕開けを意味する演技だという。

 日本は18日のTRで93.7723点の3位に着け、メダル争いのライバル、ウクライナが93.4413点の4位で追っていた。

 1位はロシアで合計196.1439点をマークして5連覇を達成。2位は合計192.9841点の中国がロンドン五輪に続く銀メダルを獲得した。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不適切投稿 「最高裁決定にがくぜん」岡口裁判官が会見
  2. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  3. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  4. 厚労省 障害者手帳をカードでも 来年度から希望者に
  5. 不適切投稿 裁判官懲戒、やむを得ず

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです