メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪陸上

ボルトに迫った…日本400リレー銀

陸上男子400メートルリレー決勝で力走するアンカーのケンブリッジ飛鳥。右はジャマイカのウサイン・ボルト=リオデジャネイロの五輪スタジアムで2016年8月19日、梅村直承撮影

 【リオデジャネイロ新井隆一】リオデジャネイロ五輪第15日の19日、陸上の男子400メートルリレー決勝で、山県亮太(24)、飯塚翔太(25)、桐生祥秀(20)、ケンブリッジ飛鳥(23)の日本は、37秒60で銀メダルに輝いた。この種目でのメダルは2008年北京五輪の「銅」以来で、「銀」は初めて。予選で出したアジア記録を0秒08更新した。37秒27で制したジャマイカの第4走者、ウサイン・ボルトは100メートル、200メートルと合わせ3大会連続3冠を達成した。

 「最高の時間」だった。日本のアンカーのケンブリッジは桐生からバトンを受けると、五輪ラストレースを飾…

この記事は有料記事です。

残り1028文字(全文1307文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです