メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪レスリング

判定巡りモンゴルのコーチが下着姿で抗議

 レスリングの男子フリースタイル65キロ級の3位決定戦で敗れたガンゾリク(モンゴル)のコーチ2人が判定を不服として、服や靴を脱いでマット上に投げ捨てて抗議して会場が騒然となった。

 ガンゾリクは試合終盤までナフルゾフ(ウズベキスタン)をリードしていたが、戦わずに逃げ回ろうとしたために、残り10秒で主審が相手に得点を与えた。ガンゾリクのコーチたちは主審に対し、マット上に服を脱ぎ散らすなどして抗議。もう1人は下着姿にまでなった。2人は10分間にわたって抗議を続けたが、最後は係員に連れ出されたという。

 コーチの1人は「300万人のモンゴル国民が銅メダルを待っていたのに、メダルを持ち帰れなくなった。会場は100%我々を支持していた」と話した。【田原和宏】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS TOKIO城島、国分、松岡、長瀬の4人も謝罪コメント発表 山口達也が無期限謹慎[全文掲載]
  2. 中学の性教育授業 都と足立区が火花 避妊の方法はだめ?
  3. ORICON NEWS 山口達也、被害者両親からの言葉に感謝「すごく救われました」
  4. カーリング 日本がプレーオフへ C組2位を確定
  5. 同性カップル パートナーに「遺産を」 45年同居、相続求め親族を提訴 大阪地裁

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]