メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RIO2016

「ベスト出し決勝進出」 パラリンピック水泳・広田選手、堺市長に抱負 /大阪

パラリンピックへの意気込みを語る広田真一選手(左)と竹山修身市長=堺市役所で、椋田佳代撮影

 9月のリオデジャネイロパラリンピックに出場する水泳の広田真一選手(20)が25日、堺市の竹山修身市長を表敬訪問した。

 広田選手は堺市中区在住。小学1年で地元のスイミングスクールに通い始め、中学3年から大会に出るようになった。発達障害があり、作業所から帰宅後に練習している。多い日は7000〜8000…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 特集ワイド ヘイト本作った理由、依頼を何でも受けた 読み手見え、自責の念

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです