メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Features・パラの主役:渇いた心、満たす力 パチプロから第一線へ ボッチャ・高橋和樹(36)

ランプ(勾配具)を使って投球する高橋和樹=徳野仁子撮影

Features・パラの主役

渇いた心、満たす力 パチプロから第一線へ ボッチャ・高橋和樹(36)

 競技を始めて2年余で初めて臨むパラリンピック。ボッチャの高橋和樹(36)=NPO法人・自立生活センターくれぱす=はリオデジャネイロで「メダルを取る」と公言する。チーム(脳性まひ)が日本初メダルとなる銀メダルを獲得したのも追い風だ。

 13日夜(日本時間14日午前)から「BC3」というクラスで個人の1次リーグに臨む。自力でボールを投げられないので「ランプ」というスロープ状の勾配具を使い、介助者に指示を出しながら狙いを定め、ジャックボール(目標球)に自分のボールを近づける。

 始めたきっかけは、2013年9月の20年東京パラリンピック開催決定だった。大会時は40歳。周りと健…

この記事は有料記事です。

残り1690文字(全文1977文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン