メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SPORTS×LIFE

パラリンピックの垣根を越えて 東京発祥「ハンドサッカー」 誰もが楽しめる球技

 2020年の東京大会に向けてパラリンピックへの関心が高まっているが、実はパラリンピック実施競技も、参加できる障害の種類や程度に制約があるという。今回の「SPORTS×LIFE」では、異なる障害を持つ人々が一緒に楽しめる競技を考案した取り組みを紹介。病気を抱えながらスポーツを活力の源としてきた事例や、パラリンピック競技の普及に伴う実情も報告する。誰もがスポーツとともに暮らすためのヒントにしたい。【飯山太郎】

 10月下旬、東京都江東区の都立墨東特別支援学校で「ハンドサッカー」の体験教室が開催された。東京発祥…

この記事は有料記事です。

残り2206文字(全文2461文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  4. 保護施設に侵入し猫を虐待 防犯カメラに男の映像 三重・鈴鹿
  5. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです