メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SPORTS×LIFE

パラリンピックの垣根を越えて 東京発祥「ハンドサッカー」 誰もが楽しめる球技

 2020年の東京大会に向けてパラリンピックへの関心が高まっているが、実はパラリンピック実施競技も、参加できる障害の種類や程度に制約があるという。今回の「SPORTS×LIFE」では、異なる障害を持つ人々が一緒に楽しめる競技を考案した取り組みを紹介。病気を抱えながらスポーツを活力の源としてきた事例や、パラリンピック競技の普及に伴う実情も報告する。誰もがスポーツとともに暮らすためのヒントにしたい。【飯山太郎】

 10月下旬、東京都江東区の都立墨東特別支援学校で「ハンドサッカー」の体験教室が開催された。東京発祥…

この記事は有料記事です。

残り2206文字(全文2461文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 質問なるほドリ 非正規雇用、増えているの? 年々増加 過去最多2036万人に=回答・福島祥
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです