メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支える・2020東京パラリンピックへ

/3 陸上・知的障害 「ひかりAC」コーチ・五木田佑美さん(34) /千葉

練習でウオーミングアップする安西伸浩選手=成田高校で

頑張る姿、自分と重ね 経験伝え目指した「世界」へ

 「世界」が見えた瞬間だった。昨年7月、大阪市で開かれた知的障害のある選手が参加する国内最高峰の陸上競技会「日本ID陸上競技選手権大会」男子800メートル。多古町のチーム「ひかりAC」の安西伸浩選手(20)が2分0秒58でゴールに飛び込んだ。5位ながら日本知的障がい者陸上競技連盟の国際大会派遣標準記録を0秒30上回る自己ベスト。「安西、記録切ったよ!」。コーチの五木田佑美さん(34)は興奮を抑えきれなかった。

 170センチを超える長身。かつて女子陸上短距離界のホープだった。旭市立一中から酒々井町の東京学館高…

この記事は有料記事です。

残り1157文字(全文1437文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです