メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

始動

2020を目指して/5 フェンシング 敷根崇裕(19)

フルーレの灯、消さぬ

 2016年リオデジャネイロ五輪の男子フルーレ団体に、前回のロンドン五輪で銀メダルを獲得した日本の姿はなかった。個人でも世界選手権覇者として臨んだ太田雄貴さんがまさかの初戦敗退。引退を表明したエースから「これからはお前らだ」と20年東京五輪での活躍を託されたのが、昨年4月の世界ジュニア選手権で優勝した敷根崇裕(19)=法大=だった。

 フェンシングは技術のフルーレ、速さのエペ、力のサーブルと3種目がある。世界的にはエペが主流だが、日…

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文922文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  3. 韓国国会議長「日本は盗っ人たけだけしい」 謝罪要求に反発
  4. 「日本人の家に置けば育ててくれる…」 赤ちゃん遺棄 容疑の技能実習生を逮捕
  5. おかあさんといっしょ さよならよしお兄さん! 最長14年担当の体操のお兄さんが3月末で卒業 パント!のりさお姉さんも

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです