メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

始動

2020を目指して/5 フェンシング 敷根崇裕(19)

ポスト太田、磨いた独自性

 2016年リオデジャネイロ五輪の男子フルーレ団体に、前回のロンドン五輪で銀メダルを獲得した日本の姿はなかった。個人でも世界選手権覇者として臨んだ太田雄貴さんがまさかの初戦敗退。引退を表明したエースから「これからはお前らだ」と20年東京五輪での活躍を託されたのが、昨年4月の世界ジュニア選手権で優勝した敷根崇裕(19)=法大=だった。

 フェンシングは技術のフルーレ、速さのエペ、力のサーブルと3種目がある。世界的にはエペが主流だが、日…

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文924文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  2. 二階氏妻葬儀に大島、菅、岸田氏ら参列 王氏や杉良太郎さんも
  3. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  4. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  5. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです