メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若き才能

2020年への挑戦/6 フェンシング・才藤歩夢選手(20) 父に続き五輪目指す /埼玉

父に続く五輪出場を目指す才藤歩夢選手=早稲田大で

 遠距離から剣を突き出す「フレッシュ」(突進)を繰り出し、鋭いステップで一気に相手に詰め寄る。瞬時の突きが決まると、得点を告げる電気審判機のブザーが鳴った。サウスポーの構えと長い手足を武器に、遠い間合いから攻める戦法を得意とする。

 中学時代は陸上部に所属。埼玉栄高校(さいたま市西区)に進学してから本格的にフェンシングを始め、フルーレ、エペ、サーブルの3種目のうち、「エペ」の選手に。1年の秋に長野県で開催された全国大会で初優勝し、1年もたたないうちに頭角を現した。

 早稲田大スポーツ科学部(所沢市)に進学後の2015年には、全日本選手権大会エペ個人で2位に。同部の…

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文866文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです