メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支える・2020東京パラリンピックへ

/5止 陸上 知的・身体障害 下稲葉耕己代表(32) /千葉

練習前、談笑する下稲葉耕己代表(左)と松本春菜選手。松本選手が盲学校中等部2年の時から約9年間、師弟関係が続いている=浦安市運動公園陸上競技場で

 ◆one’s Para Athlete Club 下稲葉耕己代表(32)

ロンドンの熱狂、礎に アスリート育て、見る人に感動を

 満員の五輪スタジアムが静寂に包まれた。2012年ロンドン・パラリンピック女子走り幅跳びの視覚障害者クラス。ガイド役の下稲葉耕己さん(32)が手拍子をしながら助走路を踏み切り板へと遠ざかる。選手はその音だけを頼りに走り出し15歩目でジャンプ。着地の瞬間、8万人の歓声でスタンドが揺れた。

 順天堂大大学院でスポーツ心理学を学んだ。元高校球児で、監督になって甲子園に出るのが夢だった。だが、…

この記事は有料記事です。

残り1170文字(全文1426文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです